ここだけのうちわ講座main画像

様々な目的から幅広く浸透しているうちわ。そんなうちわの一つである水うちわとは何かについてまとめています。

イロイロあるうちわの一つ、水うちわ

うちわには色々な種類があります。

皆さんがよく目にするのは販促うちわと呼ばれる企業や学校がPRの為に配布するうちわではないでしょうか。

実はうちわは販促以外の目的でもよく作成されており、中でもネットの普及で誰もが注文しやすくなった事から個人がつくるオリジナルのうちわ作りも盛んです。

大人だけではなく子供も簡単に作成できる手作りアイテムの一つとしてもうちわは認識されているのです。

▼より簡単な手作りうちわキットも:手作りうちわキング

このように様々な目的で作成されているうちわですが、その中に水うちわというものがあるのはご存知でしょうか。

夏の暑い時、涼むグッズとしていろんなエコ商品が出ていますが、その中の一つが水うちわなのです。

水うちわとはどんなものなのか知っておきましょう。

《節電にも役立つうちわ》

水うちわとは元々岐阜県の伝統工芸で、美濃手漉き和紙を使って作られています。

この和紙は水に濡れても破れないように、天然ニスが塗られています。

手作りで作られているため数に限りがあり、貴重なものです。

水に浸してあおぐうちわなので、節電にも役立つものとして注目されています。

《天然ニスって?》

水うちわには天然ニスが塗ってあると聞いて、「え?あのニス?」と思った人は多いのではないでしょうか。

ニスというと、あのニオイの強い、有機溶剤を使った石油製品を思い浮かべますが天然ニスは全然別のものです。

マーブルチョコレートの表面や、世界的に有名なバイオリンの表面に塗られているもので、口に入れても大丈夫なニスです。

《伝統工芸品なので見た目も素敵》

水うちわは竹の骨と和紙で作られているので、昔ながらのうちわでとても風情があるものです。

伝統工芸品だけあって見た目が素敵で、部屋に立てかけて飾っておくだけでも良いデザインです。

和装にも洋装にも合い、また贈り物としても大変喜ばれるうちわです。

季節商品で数に限りもあるので早々に品切れしてしまいますから手に入れたいのなら早めに注文することをおすすめします。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS