所有する賃貸物件を高収益物件に育てあげる秘訣はどこにありますか?

By | 2017年5月27日

所有する物件を高収益に変換するには、あるいはそのような物件を入手するにはどうしたらよいか。

シティビルサービス札幌の提案力・分析力を含めお話ししましょう。

■オーナーの都合が先行しては成功しない。

賃貸経営を行っているオーナーなら誰もが高収益物件になることを望んでいます。

しかし多くの場合は、オーナーの事情が優先されて、その結果物件を購入したり投資したりといったケースが多く、高収益物件かどうかの肝心なポイントを見逃しています。

高収益になるためには、まず分析が大事で、次に戦略とのマッチングが大事になります。

※お役立ちページ⇒http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20170222/zuuonline_140161.html

最終的には収入と支出の試算を行って、その物件がいくらの利益をもたらすかを読み取ります。

最初に物件ありき、最初においしい話ありきでは失敗します。

■立地重視かセキュリティと設備が重視か?

シティビルサービス札幌が提案している高収益物件の提案も基本は同じだと思いますが、アパートのように建設からはじめるなら立地環境と周辺環境の特性を分析することから始まります。

人の流れや属性を分析してそれに見合った物件を建てます。

マンション投資のように、建物がすでに存在する物件の場合は、物件と周辺環境、また投資額と家賃設定額などから、回収のスピード、利回りを試算します。

マンションは立地よりもセキュリティと設備の充実がメインになります。

■高収益になる絶対条件はこまめな管理・運営にあります。

その機動力に定評がある会社こそ、シティビルサービス札幌です。

シティビルサービス札幌は、物件の仲介から管理・運営までを一貫して行っています。

そこに最大の強みがあります。

入居者に気に入られる物件に仕立て上げ、それを継続して維持・管理することで、長年にわたって居住してくれるファンを獲得しているのです。