就職先としてのシティビルサービス札幌、メリットや将来性は?

By | 2017年6月5日

シティビルサービス札幌の業態はメーカーではなく管理業に属します。

そのような会社に就職することのメリットや将来性はどうなのでしょう。

考えてみましょう。

■メリット1 着実であり倒産の危険性が少ない。

シティビルサービス札幌は、賃貸マンション、アパート、オフィスビル、戸建て住宅に加えて駐車場まで、幅広い分野の不動産について、管理・運営を行っているスペシャリストです。

こうした仲介会社の大きなメリットが1つあります。

デベロッパーやマンションメーカーのように在庫をもたないという点です。

在庫を持たず、日本中の不動産物件を対象に、随時委託を受けて運営管理する会社ですから、マンションメーカーや住宅メーカーのように在庫がダブついて倒産する危険性がありません。

■メリット2 住宅離れ時代にマッチした少額投資ビジネス。

メリットは他にもあります。

投資資金・運転資金が最小で済むことです。

マンションメーカーになると1つのマンション建設で数十億を要しますので、その時点で社運を賭けた大きな賭に出ています。

マンションは物件として有望ですが、アパートや戸建て住宅は横ばい傾向が続いています。

メーカーとくらべるとシティビルサービス札幌はスケールが小さいように思えるでしょうが、これからの時代は返ってその小ささが武器になる時代です。

■スモールビジネスでも日本中に根を張る網の目経営が有利になる時代。

シティビルサービス札幌は、その意味で今後の安定成長が期待できます。

大きな売上高を誇っても、住宅市場の縮小で倒産しているメーカーはいくらでもあります。

そうしたことを考えれば、負債額の巨大化がなく着実に実績を積み重ねていくシティビルサービス札幌のような業態はもっとも賢いモデルです。